夢を語れ 我的美酒佳肴三昧

「夢を語れ 千本中立売 ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)二郎系ラーメン」の頼み方・コール・呪文のガイド

更新日:

スポンサーリンク

「夢を語れ 千本中立売 ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)二郎系ラーメン」の頼み方・コール・呪文のガイド

 

二郎系ラーメンとは

東京三田にあるラーメン二郎を代表とする、極太の縮れ麺、その上にたっぷりとのるモヤシ等のヤサイ、ニンニク、背脂、一味などのトッピングを特徴とするラーメンの一系統。

麺、ヤサイ、ニンニク、背脂、一味などの量を任意に調節できることも特長の一つです。

 

 

麺の量も多く、野菜や背油を、呪文(コール)によって増すと異常なほどの満腹感を味わえます。

 

テンコ盛り好き、超濃厚好きには、非常にお勧めです。皆さんも行ってみてはいかがしょうか。

 

てんこ盛りのビジュアルもあり、人生に一度は食べてみても損はないのではないでしょうか?

 

インスタ映えしますよ??笑笑

 

 

 

二郎系ラーメン「夢を語れ」とは

二郎系ラーメン「夢を語れ」とは、関西の二郎系ラーメンとして有名な店です。

京都市の一乗寺に本店があります。

 

 

 

ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)とは

その「夢を語れ」の支店として、京都市の千本中立売付近に「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」が2019年11月にオープンしました。

今回は「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」の頼み方や味等を紹介します。

 

 

ちなみに「夢を語れ」は「ラーメン荘」という関西の二郎系ラーメンの系列店です。

ラーメン荘系列

二郎系と違っても甘さが少なく、濃厚な醤油豚骨ベースで、生姜の効いたコッテリしつつもさっぱりした味わいです。

「地球規模で考えろ」(京都 伏見)

「地球規模で考えろ ソラ」(京都 西院)

「地球規模で考えろ 未来へ」(京都 茨木)

「夢を語れ」(京都 一乗寺)

「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」(京都 千本)

「ユメヲ カタレ オナガワ (Yume Wo Katare Onagawa)」(宮城 女川)

「これが好きだから」(兵庫 西宮)

「歴史を刻め」(大阪 十三)

「おもしろいほうへ」(大阪府大東市赤井)

 

 

 

 

 

「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」と「夢を語れ本店との違い

「夢を語れ」の京都一乗寺の本店などの一般的な二郎系ラーメンの注文の仕方は、以下のページに紹介してあります。

 

http://www.家庭農園.com/二郎系ラーメン「地球規模で考えろ」頼み方

 

ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)の注文の仕方は少し違います。

最も大きく違うのは金券販売機がないということです。

列に並ぶ前に金券を購入する必要はありません。

カウンターに座ってから注文を決めて、その場で支払います。

ニンニク・野菜・背脂・一味の量、味の濃さ(鹹さ)、コショウの有無は、他の二郎系ラーメン店と同じく、ラーメンが出てくる前です。

 

 

ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)千本中立売の外観

 

 

 

 

 

 

ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)のラーメンのサイズ

メニューを頼むとき麺の量を選びます。

メニューは大きく分けて「ラーメン」と「油麺」があります。

どちらも普通は、麺の量が300gです。

麺の量が300gとは、普通のラーメン屋(麺約150g)の二倍以上あります。

多いと思う場合は、店員に伝えて麺の量を減らしてもらいましょう。

 

麺の量のイメージ

・150g(ピンクの洗濯ばさみ)・・・普通のラーメン店のラーメン。小食の方、女性、子供。

・200g(青の洗濯ばさみ)・・・普通のラーメン店の大盛り。少し多いかもしれません。

・300g・・・かなり多い。小食の人は食べきれません。

・400g・・・超大盛。普通の人は無理。がっつり食べたい猛者向け。

 

 

 

ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)麺の量での注意点

「夢を語れ」(京都一乗寺)や「地球規模で考えろ」(京都 伏見 西院、大阪茨木)など一般的な二郎系ラーメン店は、麺の量を無料で400g(大ラーメン)にできます。

しかし千本中立売にあるにある「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」は、麺の量を400gに増やすのは有料です(100円)。

400gに増やしたいときは、ここの点に注意してください。

 

 

 

座席に座り、ラーメンが出てくるまでにすること

 

 

箸、御絞り(ウエットティッシュ)、蓮華、水

セルフサービスです。

 

 

店の奥にあるので、自分で用意しましょう。

ちなみに水はピッチャーに入っています。

 

 

 

 

ラーメンが出てくる直前に〜注文の呪文〜

注文の基本

いよいよラーメンが出てきます。

 

店員さんから

「ニンニクどうしますか?」

と聞かれます。

ニンニクのことだけ聞かれます。

 

しかし、実はここで、

ニンニク・野菜・背脂・一味の量、味の濃さ(鹹さ)、コショウの有無

を注文によって変えられるのです。

 

ニンニク・野菜・背脂・一味の量は、

ナシ,少なめ、マシ、マシマシ、(チョモ(超大盛またはチョモランマの略か))

で調節できます。

 

スープが濃い(塩からい)ほうがいい場合は

カラメ

と言って下さい。

 

また、ニンニク・背脂・一味を増す場合は、別皿で注文することもできます。

 

ちなみに背油はマシマシにすると自動的に別皿で出てきます。

 

一気に言われても分からり辛いですか?笑

 

それでは例を挙げてみましょう。

店員「ニンニクどうしますか?」

客 「ニンニク・野菜マシ、カラメで。」

と言います。
この場合、ニンニクと野菜がマシで、背脂は普通、味はカラメで出てきます。

 

 

さぁここまでで、注文の呪文はマスターできたでしょうか(笑)。

 

最初に悩むなら

初めはニンニク要るかいらないか答えるだけで、

2回目以降に自分の好みを試してみるのもいいかもしれません。

 

ちなみに私はいろいろ頼むのは難しいので、

毎回、他の系列店も含め

 

「全マシマシカラメ」

 

と頼んでいます。

とにかくいっぱい食べようという魂胆です(笑)。

その写真が下です。

 

 

 

 

 

 

油マシマシは自動的に別皿で来ます。

 

一応20分以内に食べきれる量を頼むの(が暗黙の?)ルールのようです。まあ黙々と頑張って食べていれば、注意されることはないでしょうが。

 

残すのは禁止のようです。

 

 

食後はそのまま

「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」では、水、箸、別皿、御絞り以外はそのままにしておいてください。

ここも「夢を語れ」(京都一乗寺)や「地球規模で考えろ」(京都 伏見 西院、大阪茨木)など一般的な二郎系ラーメン店とは違うところです。

 

 

 

「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」の味

「夢を語れ」京都一乗寺の本店と同じく、濃厚な醤油豚骨ベースで、生姜の効いたコッテリしつつもさっぱりした味わいです。

紛れもなく「夢を語れ」の味でした。非常においしかったです。

「夢を語れ」や二郎系ラーメン好きには、是非ともお勧めです。

マシマシの油の器が少し大きかったです。

系列店の「地球規模で考えろ」と若干違って違って、ストレートに醤油味が利いています。

 

 

最後に

「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」の事前予習は以上です。

如何でしたでしょうか。

「ユメヲカタレキョウト (Yume Wo Katare Kyoto)」は「夢を語れ」(京都一乗寺)や「地球規模で考えろ」(京都 伏見 西院、大阪茨木)など一般的な二郎系ラーメン店とは若干違いがあります。

しかし根本的な味はほとんど変わりがありません。二郎系が気になっていた人は是非挑戦してみてください。

 

麺の量等も調節できるので、二郎系といえど、挑戦しやすいと思います。

 

スポンサーリンク

-夢を語れ, 我的美酒佳肴三昧

Copyright© アウトドアライフ 自然道 , 2021 All Rights Reserved.