アガベ アガベ チタノタ ランチョタンバー 観葉植物 庭木

アガベに日光を当ててシルバーブルー葉へ ~チタノタ(チタノータ)ランチョタンバー 栽培記録2~

更新日:

スポンサーリンク

アガベに日光を当ててシルバーブルー葉へ ~チタノタ(チタノータ)ランチョタンバー 栽培記録2~

 

 

アガベ チタノタ(チタノータ)ランチョタンバーの成長

アガベ チタノタ(チタノータ)ランチョタンバーを屋外でしっかり日光を当てて育てています。

プルーム(白い粉)もしっかりつき、はっきりとしたシルバーブルーの葉になっています。

そしてノギ(棘先端の棘)も棘もいい焦げ茶色です。

 

 

 

 

 

 

 

大分葉が伸びている感じがします。短く太いはが、まとまった球形に展開しているイメージとは少し離れてきています。個体差でしょうか。

肥料も水分も日光も十分あげています。無理に引き締めて育てる気はありません。

 

生物は元気に育ったありもままが、一番美しいのです(持論)。

 

 

アガベ チタノタ(チタノータ) ランチョタンバーの購入

 

そして新たに、ランチョタンバーの子株を買ってしまいました。

参考:楽天市場

https://search.rakuten.co.jp/search/ランチョタンバー

 

 

 

アアガベ チタノタ(チタノータ) ランチョタンバー

 

春になってしっかり直射日光を当てて、順調に育成中です。

この子株ものびのび育てていきます。

 

ランチョタンバーはアガベ・チタノータ(チタノタ)の原種なので、子株は乾燥や直射日光にもかなり強いです。

 

同じアガベ・チタノータ(チタノタ)のホワイトアイス子株は乾燥や直射日光で少しダメージを受けてしまいました。

それはまた別の記事で紹介します。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-アガベ, アガベ チタノタ, ランチョタンバー, 観葉植物 庭木

Copyright© アウトドアライフ 自然道 , 2021 All Rights Reserved.